高齢者世話付住宅生活援助員派遣事業 事業概要

事業形態

高齢者世話付住宅(シルバーハウジング)への生活援助員派遣事業

事業目的 高齢者世話付住宅(シルバー住宅)に生活援助員を派遣し、そこの入居している人が地域の中で自立して安全かつ快適な生活を営むことができるように、在宅生活を支援することを目的にしています。
勤務形態と援助内容 住宅の1室に生活相談室を設け、生活援助員が月曜日から金曜日まで勤務して入居者の様々な相談に応じるとともに、一時的な家事援助や安否の確認などを実施します。
シルバーハウジングとは 高齢者向けの住宅で、居室・浴室トイレ・玄関等に緊急ブザーを設置してあるほか、熱感知器や水センサーで異常を感知すると自動的に緊急通報電話で生活相談室や福寿荘などに連絡をするシステムを備えた住宅です。



戻る