事業形態 生活介護
基本方針

@利用者個々に対し日々の生活習慣の確立をめざしつつ、様々な場面で社会との
 関わりを保つことで、利用者の地域生活能力を培っていくことに努めます。
A利用者個々の疾病や心理面、対人関係や環境適応力等に関する情報を支援者間
 で共有し、家族や地域社会との連絡調整を図りながら社会的自立が達成される
 よう努めます。

定員

40名

職員構成
管理者 サービス管理
責任者
支援員  事務員 看護士 嘱託医
7(5)  (1) (1) 10(7)
                                       ※(  )は非常勤
日課
9:10
朝の会
9:30
活動@
10:40
休憩
10:50
活動A
12:00
昼食
(休憩)
13:00
活動B
14:10
休憩
14:20
活動C
15:30
清掃等
帰りの会
支援内容

【各種活動】
音楽     ・・・歌(カラオケ)・楽器演奏・ダンス等を取り入れ、音に親しむ時間を過ごします。
創作     ・・・絵画・工作等を中心に、個人・共同制作による作品作りやタブレット端末を使用した
        画像等の取り込み等により、趣味趣向の幅を広げます。
クッキング   ・・・おやつや軽食作りを楽しみながら、他者との協調性をはぐくみ生活能力の維持・向上を図ります。
軽スポーツ  ・・・屋内外でのスポーツ(各種球技や運動グッズを使用した遊び、夏季にはプール外出もします)を
       楽しみながら、運動能力の維持・向上を図ります。
ウォーキング ・・・体力に自信のある方や、体力づくりをしたい方を対象に、若杉周辺を長距離歩行します。
散歩    …車いすの方や、ゆっくり歩かれる方を対象に、事業所近隣を歩きながら季節や街並みの雰囲気を
       味わいます。
ドライブ    ・・公用車を使用した散歩として位置づけ、名古屋市内を移動しながら四季折々の風景や街並みを
       味わいます。
生産活動   ・・・工賃支給対象となる各種作業(割り箸の袋入れ・箱折り・釘の袋詰め・スポンジのバリ取り・空き缶潰し)
       を行います。
その他    …毎月第3火曜日:七宝細工の講師を招いて七宝製品を作成します。できあがったものは、ブローチ
       やキーホルダー等に仕上げ、自分用の小物にしたり、時には区内の福祉まつり等で販売もします。

       毎月第3木曜日:日本舞踊の講師を招いて踊り活動を行います。盆踊り風の踊りから、流行りの曲
       に合わせた創作ダンス等まで、様々な踊りに参加します。


【年間行事】
日帰り小グループ旅行(毎月)、フットベースボール交流会(5月)、流しそうめん大会(8月)
秋の日帰りバス旅行(10月)、若杉まつり(11月)、クリスマス会(12月)、新年会(1月)、レストラン昼食会(2月)、
※その他・・・法人夏祭り(8月)、名フィル福祉コンサート(開催月不定期)、

若杉作業所 事業概要

※2017年4月現在の事業内容です

戻る